会社概要

東京特種紙業株式会社

TOKYO TOKUSHU SHIGYO

東京特種紙業株式会社外観

[本社]
〒101-0052
千代田区神田小川町3-28-11
TEL 03-3291-4171
FAX 03-3293-8744

[大阪支店]
〒542-0081
大阪市中央区南船場4-6-7
TEL 06-6251-6421
FAX 06-6251-6430

[名古屋営業所]
〒460-0003
名古屋市中区錦1-18-24
HF伏見ビル5階
TEL 052-201-0145
FAX 052-201-0094

東京特種紙業 会社概要

アクセスマップ

東京特種紙業株式会社アクセスマップ
東京特種紙業 アクセスマップ
窓ガラス用飛散防止フィルム・防犯フィルム リベックス

ウィンドウフィルムRIVEXリベックスは、「省エネ」及び「環境対応」を重点とした取り組みのなかで開発した窓ガラス用高品質な紫外線、赤外線遮蔽フイルムです。
ポリエステルフイルムにセラミック微粒子をコ−ティングしており赤外線を80%以上カットしますので室内の温度上昇を抑制し冷房効率を向上します。
又セラミック粒子の使用により長期間にわたって効果が持続します。紫外線遮蔽性能にも優れ人体に有害な紫外線を99%以上カットできます。
フイルム表面にハ−ドコ−ト処理を施していますので傷付き防止効果があり、万一、事故や災害などで窓ガラスが破損した場合にも飛散防止効果が期待できます。

セキュリティータイプフィルムが 「防犯性の高い建築部品」に認定されました。
セキュリティータイプフィルムが 「防犯性の高い建築部品」に認定されました。

遮光シートの特徴

REVEX遮光シート1 強い紫外線カット力を有します。
紫外線遮蔽性能に優れ、人体に有害な紫外線を99%以上カットできます。
REVEX遮光シート2 表面の耐磨耗性に優れています。
フィルム表面にハードコート処理を施していますので、傷付き防止効果があります。
*装飾タイプと外貼用は除く
REVEX遮光シート3 ガラス飛散防止効果を有します。
万一、事故などで窓ガラスが破損した場合にも飛散防止効果が期待できます。

熱線遮蔽タイプ

「IR-283」及び新商品であります「IR-285」は、赤外線を80%以上カットしますので、室内の温度上昇を抑制し、冷房効率を向上します。
また、セラミック微粒子を使用しておりますので、長期間にわたり効果が持続します。

●新商品IR-285 は、節電対策効果の高い断熱エコフィルムです。
IR-285。

飛散防止タイプ

取扱商品「SS50T」(内貼用)、「SS50TO」(外貼用)は、高透明で窓ガラスの外観を損なわずに安全策が行えます。
外貼用は耐候性を考慮してあります。

「SS50TM」(すりガラス仕様)は、可視光線を乱反射させプライバシー保護に役立ちます。

セキュリティータイプ

「SS200T」は、より飛散防止性能を高めたタイプです。
貫通防止、防犯効果が期待できます。

日射調整タイプ

「SS50SRL」は、フィルムに金属蒸着膜を設け、日射調整を兼ね備えた飛散防止フィルムです。

「SS50SM」は、着色された飛散防止フィルムです。
熱線吸収ガラスと同じ性能・外観が期待できます。

装飾

エンボスを施したPVCフィルムです。
フロストガラス調やデザインガラスの外観が得られます。

製品の仕様

タイプ グレード 色調 標準寸法
IRC 熱線遮蔽 IR-285 透明 960mm x 30M巻き
1,220mm x 30M巻き
(グレードによっては1,524mm巾もあります)
SS 飛散防止 SS50T(N) 透明
SS50TO 透明
SS50TM マット
セキュリティー SS200T 透明
日射調整 SS50SRL シルバー
SS50SM スモーク
装飾 フロントエンボス - フロスト

基礎物性

熱線透過率

タイプ グレード 可視光線
透過率
(%)
紫外線
透過率
(%)
日射 遮蔽
係数
熱貫流率
透過率
(%)
反射率
(%)
吸収率
(%)
IRC IR-285 83% 0.2% 62% 7% 31% 0.82 6.0
SS SS50T 90% 3.0% 84% 8% 8% 0.97 5.9
SS50TO 88% 0.8% 83% 9% 8% 0.97 5.9
SS50TM 70% 2.9% 68% 14% 18% 0.88 5.9
SS200T 90% 0.9% 84% 8% 8% 0.96 6.0
SS50SRL 34% 3.8% 28% 38% 34% 0.45 5.6
SS50SM 50% 3.0% 58% 5% 37% 0.79 6.0
装飾 FROST EMBOSS 85% 0.9% 80% 8% 12% 0.98 5.9

波長ごとの光線透過率

波長ごとの光線透過

飛散防止性能

衝撃破壊試験結果(A法)

衝撃側 落下高さ ガラスの飛散重量 JIS A5759規格値
破片10個の
総重量
最大破片1個の
重量
貼付側 30cm 0.6g 0.2g

大きな破片10個を選び、その総重量が80g以下でありかつ落下した一片の質量が55g以下であること。

貼付側 30cm 0.4g 0.2g
非貼付側 30cm 18.1g 5.1g
非貼付側 30cm 2.3g 0.5g

衝撃破壊試験結果(B法)

ガラス飛散防止率 判定 JIA A5759規格値
99.1% D1
飛散防止率は、
表示記号D1が95%以上
表示記号D2が85%以上
であること。
98.1% D1
98.3% D1
98.9% D1
98.6% D1
上に戻る
東京特種紙業HP表紙