会社概要

東京特種紙業株式会社

TOKYO TOKUSHU SHIGYO

東京特種紙業株式会社外観

[本社]
〒101-0052
千代田区神田小川町3-28-11
TEL 03-3291-4171
FAX 03-3293-8744

[大阪支店]
〒542-0081
大阪市中央区南船場4-6-7
TEL 06-6251-6421
FAX 06-6251-6430

[名古屋営業所]
〒460-0003
名古屋市中区錦1-18-24
HF伏見ビル5階
TEL 052-201-0145
FAX 052-201-0094

東京特種紙業 会社概要

アクセスマップ

東京特種紙業株式会社アクセスマップ
東京特種紙業 アクセスマップ
窓ガラス用飛散防止フィルム・防犯フィルム リベックス

防犯建物部品警察庁の防犯性能の高い建築部品目録に認定。

日本の空き巣犯罪の件数は年々増加傾向にあり、また凶悪化しています。しかしながら、犯人の検挙数は低下しているのが現状です。

侵入犯罪の防止を図るため、警察庁、国土交通省などの関係省庁および建物部品関連の民間団体からなる「官民合同会議」において防犯性能の高い建物部品と認めた製品の目録である「防犯性能の高い建物部品目録」が発表されています。

RIVEX「SS1490C」「SS450T」の2製品が認定されました。

RIVEX「SS1490C」「SS450T」の特徴

RIVEX「SS1490C」「SS450T」は、ポリエステルフィルムを均一に多層化することで、従来のフィルムと同じ透明性で ありながら容易に破断しにくくした窓ガラス用フィルムです。

REVEX遮光シート1 高透明性
透明度が高く、視認性を損ないません。
REVEX遮光シート2 低コスト、省資源
既存の窓ガラスに貼るだけで、防犯対策が行えます。
REVEX遮光シート3 防犯性能
ガラスを割っても、なかなか割れ落ちないため空き巣の侵入困難にします。
RIVEXセキュリティータイプフィルム

防犯の目印「CPマーク」とは?

「防犯」CPマークの制定

防犯建物部品平成16年4月1日に警察庁より「防犯性能の高い建物部品の目録」が公開されました。

平成16年5月、官民合同会議では「防犯性能の高い建物部品」の普及を促進するため、「共通呼称(防犯建物部品)」と「共通標章(CPマーク)」を制定しました。

「防犯性能の高い建物部品目録」に掲載・公表された建物部品のみを「防犯建物部品」と呼び、「CPマーク」の使用が認められるのです。

「防犯」CPマークの意味

「防犯」Crime Preventionの頭文字CPを図案化したものです。

貼付・刻印その他の方法により製品に直接表示する場合に限り”2004”の文字を省略したものを使用することができます。

「防犯」CPマークの使用

防犯性能の高い建物部品の目録の製品を使用したとしても、その施工や使用が適切に行われていなければ、個々の製品の性能が十分発揮されない場合があります。
CPマークの使用が許されるためには、防犯用窓ガラスフィルムを防犯フィルム施工技能者が施工しなければなりません。

参考資料
→「防犯用ウィンドウフィルムを入手・購入されたお客様へ」の留意事項(日本ウインドウ・フィルム工業会制作PDF資料)
→施工技能者(専門業者)向け「防犯用ウインドウフィルム標準施工要領」(日本ウインドウ・フィルム工業会制作PDF資料)

防犯建物部品って何?

防犯建物部品とは、警察庁をはじめとする省庁と、日本ロック工業会等の民間団体によって「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議(官民合同会議)」が平成14年11月、建物への侵入犯罪の防止を図るために設置されました。
この官民合同会議において、平成15年10月に、防犯性能の高い建物部品の試験基準が決定され、同年11月より第1回目の試験を実施、この試験基準に合格した製品が「防犯建物部品」として平成16年4月1日に公示されました。

この「防犯建物部品」は、官民合同会議の防犯性能試験に合格した製品です。
(※)警察庁による侵入犯に対する調査をもとに建物に対する侵入に5分以上かかると大多数が諦めて他の家を狙うとの結果に基き、様々な侵入攻撃に対して5分間以上防御することができるか実際に試験しクリアしたものだけに使用が許されます。

詳細については
「住まいる防犯110番」(警察庁)
「防犯性能の高い建物部品目録」(防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議)
をご参照ください。


「防犯性能の高い建物部品」についての問い合わせ先ご紹介

板硝子協会

ガラスに関するお問合せ先
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-4-1新国際ビル2階
TEL.03-3212-8631/FAX.03-3216-3726
http://www.itakyo.or.jp

社団法人日本サッシ協会

ドア(A種)、ガラスドア、上げ下げ内蔵ドア、引戸、ガラス引戸、サッシ、雨戸、面格子、窓シャッターに関するお問合せ先
〒105-0003 東京都港区西新橋1-1-21日本酒造会館2階
TEL.03-3500-3446/FAX.03-3500-3477
http://www.jsma.or.jp

日本ロック工業会

錠、電気錠、シリンダー、サムターンに関するお問合せ先
〒105‐8510 東京都港区芝3-1-12
TEL.03-5427-7473/FAX.03-5427-7474
http://www.jlma.org

日本ウインドウ・フィルム工業会

ウインドウフィルムに関するお問合せ先
〒130-0026 東京都墨田区両国4-35-1タカシマ三共フラット104号
TEL.03-5624-2935/FAX.03-5624-2934
http://www.windowfilm.jp

社団法人日本シャッター・ドア協会

ドア(B種)、窓シャッター、重量シャッター、軽量シャッター、オーバーヘッドドア、シャッター用スイッチボックスに関するお問合せ先
〒102-0073 東京都千代田区九段北1-2-3フナトビル4階
TEL.03-3288-1281/FAX.03-3288-1282
http://www.jsd-a.or.jp


防犯関連団体のご紹介

警察庁では、侵入犯罪の未然防止を図るため、防犯関連団体や建物部品関連団体との連携を強化しています。
これらの団体では、侵入犯罪の手口を踏まえた防犯対策の普及のため、ホームページなどで国民のみなさんにさまざまな情報の提供を行っています。

財団法人全国防犯協会連合会

北海道から沖縄まで全国47都道府県の防犯協会で構成され、一般防犯普及活動と全国の防犯協会や防犯ボランティアの支援活動を行っています。
http://www.bohan.or.jp

社団法人日本防犯設備協会

防犯設備に関する事業を含む企業や個人が、信頼性・安全性の高い防犯設備の普及などをめざして設立。防犯設備に関する調査研究や防犯設備士の資格認定試験・養成講習などを実施しています。
http://www.ssaj.or.jp

財団法人都市防犯研究センター

環境設計による防犯対策をはじめ、都市における犯罪の予防に関する調査・研究活動を行っています。
http://www.jusri.or.jp

日本ロックセキュリティ協同組合

錠取扱業者の団体で、防犯意識啓発のために錠前をはじめとする防犯機器の紹介や情報発信を目的としたフェアや展示会の開催、防犯リーフレットの作成などの活動に取り組んでいます。
http://www.jalose.org

上に戻る
東京特種紙業HP表紙